• 小さいフォントサイズ
  • 大きいフォントサイズ
皆様、明けましておめでとうございます。
IMH事務局長 岩﨑です。

旧年中は大変お世話になりました。心より御礼申し上げます。
今年も引き続きのご指導、ご鞭撻をお願いいたします。

昨年を振り返れば、新型コロナ禍で海外に行き来する活動はできなくなりましたが、
そんななかでも皆様との交流に支えられ、いくつかの新たな取組みをスタートすることができした。
主だったプロジェクトをご報告がたかが、変わらぬご協力、ご支援をお願いする次第です。

ファルマモデルルーム「自立のための 3歩の住まい」の開設


http://www.fuji-pvc.jp/pharmamodelrooms/
静岡県立静岡がんセンターの20年に及ぶ蓄積をバックボーンにした、
人生100年時代への長期的な展望をもった実践的な取組みです。
日本国内はもとより、高齢化が進む中国など海外にもこのコンセプトモデルを広めていく方針であります。
IMHはこのプロジェクトへの参加企業を束ねた「東京チーム」の事務局として活動しております。
今後は「東京チーム」のメンバーを拡充し、プロジェクト推進を加速していきたいと考えております。

中日大健康医療オンラインフォーラムを4回開催


https://www.youtube.com/channel/UCR1XvVKCYO7jXKhhF1H4CMA
第1回 6月  新型コロナウイルス感染症から健康の再認識
第2回 8月  日中間における感染症の現状と課題 デルタ株への対策を含む
第3会10月  日中間における科学的根拠によるがん予防
第4回12月  がん患者のQOL向上を目指す医療
IMHと中国の北京華益日盛健康学技有限責任公司との共同開催で取り組んでいます。
日中の第一線の先生方よりご講演賜り、大変に貴重な交流となりました。まことに深く感謝しております。
第4回開催では中国から1万人以上に及ぶ医師、医学生、看護師、医療関係団体、医療関係企業などの方々が参加されました。
2022年には一層の拡充をはかり、日中医療交流のプラットフォームとして、皆様によりご活用いただけるように努めます。

スマートヘルスシティ研究会の活動を開始


「医療から考える、健康を価値とするまちづくり」を研究テーマに、
医業コンサルティング、建設コンサルティング、情報コンサルティング、建築設計アトリエが集まり、地方自治体、デベロッパーなどに、「健康長寿のまちづくり提案」を重ねております。
まだコンセプト提案、検討の段階ですが、今年はコンセプトを形にし、さらには海外にも展開してくことを考えております。

これらはいずれも「医療健康」をテーマとするものであり、
1企業で完結することのない、「交流」により価値を生み出す「国際的」なプロジェクトです。
2022年も一般社団法人として、「国際医療健康交流機構」の名に則した活動を進め、
いささかなりとも皆様にIMHをご活用いただけますよう努めてまいります。
てぜひ共に「交流」を興し、わが国の医療を世界に広めていくべく、
皆様のお声をお聞かせいただきたく願っております。

今年もご指導ご鞭撻お願いいたします。
皆様のより一層のご健勝をお祈りいたします。

敬具

2022年1月4日 
IMH事務局長 岩﨑 博


パートナーWebサイト
JMDC
MEDLEY
イーファーマ