• 小さいフォントサイズ
  • 大きいフォントサイズ

※次回のオンラインフォーラムは2022年の春節後(2月中旬以降)を予定しております。



第4回中日大健康医療オンラインフォーラム(受付は終了しました)

2021年12月10日(金)に開催した第4回「がん患者のQOL向上を目指す医療」の結果をご報告します。
参加者は 10,000 名を突破しました。9 月 17 日(金)に開催いたしました第 3 回の 約 7,000 名の参加を大きく上回りました。
約 99%は中国からの参加者です。内訳は現在分析しておりますが、これまでの経緯から、多く は医師、医学生、病院・介護関係者であると思われます。
詳細及び評価につきましては、追って報告いたしますが、第 4 回と回を重ねるなかで、当フォ ーラムは日中医療の交流ステージとして、一定の存在感を示すことができたと考えております。

皆様の引き続きのご支援をお願いする次第です。

■第4回の報告書や開催の様子などは以下からご覧いただけます。
・開催結果の報告書(PDF)はこちらからご覧いただけます。
・開催時の様子はYouTubeでこちらからご覧いただけます。
・開催案内(PDF)はこちらからご覧いただけます。
・中国語版の開催案内(PDF)はこちらからご覧いただけます。

■第4回の抜粋版(日本語のみ)はYouTubeで以下からご覧いただけます。
・山口 建 先生「がん医療の新潮流~支持療法・緩和ケア・患者支援~」こちらからご覧いただけます。
・百合草 健圭志 先生「がん口腔支持療法~口からがん治療、がん患者を支援する~」こちらからご覧いただけます。

第3回中日大健康医療オンラインフォーラム(受付は終了しました)

2021年9月17日(金)に開催した第3回「日中間における科学的根拠によるがん予防」の結果をご報告します。
今回の参加者は7,500名近くとなりました。これまでのなかでも最も反応が高く、がんに対する中国の関心の高さが示されました。
これまでの3回の開催への反応から、弊フォーラムも一定の関心と評価を集めていると考えております。
制作についてはまだまだ不手際が多い状況ですが、「日中間の信頼される医療交流の場」として継続して育てていきたいと思っております。

皆様の引き続きのご支援をお願いする次第です。

・第3回の詳細は報告書(PDF)でこちらからご覧いただけます。
・第3回の様子はYouTubeでこちらからご覧いただけます。
・第3回のご案内(PDF)はこちらからご覧いただけます。

第2回中日大健康医療オンラインフォーラム(受付は終了しました)

2021年8月18日(水)に緊急開催した第2回「感染予防 デルタ株を含む」の結果をご報告します。
参加者は2,000名超、参加者の傾向は第1回と同様でした。
第1回開催の参加者は5,000名超ということで、私も大いに驚きました。
第2回はいまホットな話題であり、日本からの基調講演は国立国際医療研究センター国際感染症センター長 大曲貴夫先生ということで、どの程度の参加者になるかと思いましたが、2,000名超となりました。第1回からは減少ですが、それでも2,000名の参加を得たというのは、大きな成果であったと評価しております。

・第2回の詳細は報告書(PDF)でこちらからご覧いただけます。
・第2回の様子はYouTubeでこちらからご覧いただけます。
・第2回のご案内(PDF)はこちらからご覧いただけます。

第1回中日大健康医療オンラインフォーラム(受付は終了しました)

2021年6月17日(木)に開催した第1回「新型コロナウイルス感染症から健康の再認識」の結果をご報告します。
中国からは第1回から5,000人以上が参加いただきました。私も驚いています。その約80%は医師、看護師、医学生、病院・介護関係者 でした。中国からの日本の医療への関心の高さを感じました。
日本からも100名(推計)を越える参加がありました。日本ではこうしたオンラインイベントの参加者は50名から100名程度と耳にします。皆様ありがとうございます。

・第1回の詳細は報告書(PDF)でこちらからご覧いただけます。
・第1回の様子はYouTubeでこちらからご覧いただけます。
・第1回のご案内(PDF)はこちらからご覧いただけます。